■ あわびとは? ■
●「あわび」とは?

日本のほぼ全土の海岸に分布している巻き貝ですが、巻いた部分は少なく、形は楕円形で殻口が広くなっています。10〜20cm程度の物が一般的で当地の磯資源の中では最高級の食材になっています。雌雄異体です。

●あわびはどうやってとっているの?

水深2〜3メートルほどの浅瀬にあるあわびを水中の覗ける道具を使い、海底を覗いては長い棒の先にあわびの貝殻を引っ掛け捕ります。中々難しい作業です。

●あわびの美味しい食べ方について・・

新鮮な「あわび」は、やはりそのまま「あわびの刺身」にして食べるのが一番です。
あわびの身を殻からはずし、内臓等を取り除いたあと、刺身状に切ります。あとはそのまま醤油でいただきます。
新鮮なものほど「コリコリ」とした食感があり、身は固いですが新鮮な証拠です。
その他、あわびのステーキ等が当地の一般的な料理方法です。

あわびの今年度の販売は好評により、
終了いたしました。

ご注文はこちら 販売商品はこちら トップページに戻る


ふるさと物産館
〒028-7914 岩手県九戸郡洋野町種市22-133-1
TEL 0194-65-2981 FAX 0194-65-3813
E-MAIL webmaster@uninosato-hamanasutei.com

代表 庭 静子